今日も推しがカワイイ

ついったー @2_kd1pq_

りさ子のガチ恋♡俳優沼 感想とか

個人的に舞台観劇はほんっとに久々だったのですが、チケ販の時からめちゃめちゃ楽しみにしてました「りさ子のガチ恋♡俳優沼」、見てきました。

 

わたしは一応別ジャンル(J事務所)でリアコしてるのですが、俳優厨じゃないのでどこまで感情移入できるかな〜と思っていました。が、なかなかおもしろかったです。そもそもこの舞台が楽しみすぎて、厨でもなんでもないのに最前に入ってしまい申し訳ないなと思いました。明らかに厨だなって人のリズリサ系率が高かったです。わーお。語彙とまとめ方になんの定評もないのでかなりちぐはぐであっちいったりこっちいったりな文なのはご了承ください。(本当は電報で感想を伝えようと思ったんですけど、時間がかかるのでブログにしました)

 

 

☆御察しの通りネタバレてます。

まず、リアコ関連はほっといて舞台の感想から言うと、劇中の舞台「政権☆伝説」の内容とか、設定のゆるさというか意味不明さが最近の(一部!)2.5舞台とかその他乙ゲー界隈によくある感じですっごいリアルで笑いました。リアルタイムでその辺の日本史勉強してるので、『山県有朋……(笑)』みたいな心境で見てました。 山県有朋は生き返らねえ(教訓)

 

あとずっと思ってるんですけど、純粋に厨プレの文化が羨ましいなぁって思いました。ファンレター以外にそれこそスタバカードとか服とかアクセサリーとかそーゆーのプレゼントできるシステム羨ましい。やっぱそういうところで同厨へのマウンティングとかするの?するよね?

 

あとしょーたくん、最前全通の高額プレ常習で町もやってる厨にはじめまして対応はマジかって思った。リアルだったらもっと覚えてるよね…?(震え) なのに手紙の差出人のりさ子ってのを見たら大人しい人っていうのはわかるんかい、って思った。でもしょーたくんは優しいからオタも彼女も大事にしようとするからこういうことになるっていうのが少しはあるのかなーと。りさ子の家でワーワーするラストのところも、るるがいるけどりさ子への配慮っていうか(優しめの)本心を捨ててないところが、るるに言わせてみれば甘いっていうかなんでそんなこと言うの?!ってなるんだろうな。

(すごくどうでもいいんだけど、るるが出てきた時おっぱいの破壊力がすごくて『お、おっぱい……!!』ってなった上にそのあともおっぱいと太ももばっかり見てて本当にごめんなさい。よかったです。)

 

 

で、まぁ肝心のりさ子なんですが、ただの町厨がリアストになる様が結構『おぉ…』って思いました。

りさ子といつも一緒にいる2人も、劇中でも言ってたように別にしょーたくんが好きっていうだけの繋がりなんですよね。結果、まぁ2人も裏垢界隈(後述)の一面は持ってたわけだし、スタンスとか細かい部分まで合致してるなぁとはわたしは思わなかったしその本質的には脆いってところがやっぱりリアルだなって思いました。

りさ子が包丁持った時点でこれ『お前を殺してわたしも死ぬ』だったら嫌だなー思ったのでさすがにそれじゃなくてよかった(笑)気が動転してるし狂ってるし頭おかしくなってるけど自分の気持ちをとにかくしょーたくんに伝える、一連の新垣さんの演技すごかったです。なんか、結構りさ子の細かい部分(手足の動きとか、話す前に「あっ」とか入ってしまうところとか)がすごいりさ子だなーって思ってました。 

最後の方のシーンで、チケット?かチェキかその辺の思い出の類をちぎって、「愛は、いつも…」のセリフを言う部分、『うわわこれがクソメンヘラ拗らせ女のやることだ!!』とか思って結構テンション上がりました。推し関連のものちぎり捨てるってなかなかの行為(なきがする)。

ラストシーン、また別の俳優沼へ入り込んで去っていくりさ子の後ろ姿にはなんとも言えない気持ちになりました が、女ってこんなもんだよね…って思いましたアハハハ(こわい、女こわい)

 

 

でまぁ、これはオタ側の話で。ツイッターとかブログのコメントでは表面的にいいこと書いてるけど、結局裏垢だの壁打ち垢だの愚痴垢をみんな持ってるっていう。で、そこだとものすごい攻撃的になるし芸能人の人権のなさがすごい出る。特に彼女バレ/匂わせが起きるとめちゃくちゃそーゆー界隈が活発になるから超怖い。さっきしょーたくんは優しすぎるって書いたしそう思うけど、しょーたくんがりさ子に言った「君のことは嫌いじゃない。でも好きなのはるるなんだ」(スーパーニュアンス)的な言葉、これは今後肝に銘じて応援していこう、って思った。(肝に銘じるならちゃんと覚えておけよ……) まぁ推しが少し前にこんな感じでガヤガヤしたんだけど、ファンのことはどうでもいいのか、とか裏切られた、的な発言がすごい多かったけど、決して別に応援してくれる人のことを嫌いな芸能人ってたぶんいないと思うんですよね。(好きじゃない/なんともないはいるかもしれないけど) 一応言っても応援してくれる人ありきの職業だし。だから別に嫌いではないんだけど、でも恋愛とか好きって意味ではない、それは別にいるよっていうただそれだけなんですよね。

この舞台のキャッチフレーズ「愛は、いつも私を裏切る。」ですが、結局みんなどんなに無欲に思えても、対象を応援している自分に酔ってる部分があるってことなのかなと思いました。裏切るって言っても、別にお互いに契約書的なものを交わしたわけじゃないし、9割こっち側の一方的な思い込みであり理想であり、大げさに言うと神格化させた推しな訳ですよね。勝手に裏切られたことにしてるけど、最終的には自分の中だけの話っていう… こわーい

 

 

松澤くれはさんの演出、おもしろいっていろんなところで聞いてたんですけど、本当におもしろかったし観劇していて楽しかったです。 おもしろかったって超ありきたりなんですけど、おもしろかったから仕方ないです。

もっともっと松澤さんの、また今日出演されていた役者さんのいろんな舞台をみたい!と純粋に思ったし、舞台みるの楽しいなとも思いました。 

 

 

今度舞台を観るときにははスタバカードかLUSHをプレゼントしようと心に誓いました。おしまい。